ここから本文です

プリンス追悼式に各界の著名人が出席 スパイク・リー監督やG・ステファニーらの姿も

クランクイン! 5月13日(金)15時35分配信

 現地時間4月21日に米ミネソタ州にある自宅兼レコーディング・スタジオのペイズリー・パーク・スタジオで死去した歌手プリンスの哀悼式が現地時間11日、ロサンゼルスのサミュエル・ゴールドウィン・シアターで執り行われ、映画監督のスパイク・リーや歌手のグウェン・ステファニーらが出席したという。

【関連】「プリンス」フォトギャラリー


 米Entertainment Weeklyによると、追悼式はプリンスの元妻マニュエラ・テストリーニとマイテ・ガルシアが企画したもので、リー監督やグウェンのほか、ミュージシャンのナイル・ロジャースやバーレスクダンサーのディタ・フォン・ティース、プリンスの元恋人で歌手・モデルのアンナ・ファンタスティックなどが出席したそうだ。リー監督は追悼式の前にパープルのベレー帽とナイキのスニーカーの写真を自身のツイッターに掲載し、プリンスの追悼式に出かけることをつぶやいていた。

 2時間半にわたる追悼式はプリンスの1986年のアルバム『パレード』に収録されている楽曲『スノウ・イン・エイプリル』の演奏で始まり、プリンスがパフォーマンスしている映像や『パープル・レイン』で受賞したアカデミー賞のスピーチ映像などが流れたという。

 今回の追悼式にはプリンスの義理の兄弟が1人出席していたそうだが、プリンスの親族は“正式な追悼式と公開イベント”を近い将来、計画していると声明で発表している。

最終更新:5月13日(金)15時35分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。