ここから本文です

レキシ×阿部サダヲ主演映画、“年貢 for you”スペシャルコラボPV解禁!

RO69(アールオーロック) 5月13日(金)20時45分配信

レキシの楽曲“年貢 for you”と阿部サダヲ主演映画『殿、利息でござる!』のコラボレーションPVが発表された。

この映画は、磯田道史の『無私の日本人』の一編「穀田屋十三郎」を映画化したもので、同PVは“年貢 for you”のミュージックビデオと『殿、利息でござる!』の本編映像を新たに編集した内容となっている。このスペシャルPVに対して、プロデューサーの池田史嗣がコメントを寄せている。

-------------------
泣いたり、笑ったり。怒ったり、恋をしたり・・・
江戸時代も平成の今も、きっと、人間のやることは大して違わないはず。
一見おかしなタイトルの歌、聞いてみると深い深い珠玉のラブソング。
“一生を共にする相手を決める勇気と喜び” を歌う名曲「年貢 for You」
一見おかしなタイトルのコメディ、見てみると実は実話の感動ストーリー。
“横暴なお上のせいで生活が苦しい” 時に庶民がどうしたかを描いた映画「殿、利息でござる!」
両方とも面白おかしそうで、実際におかしくて、でも深くて泣けて、
しかも現代でもありそうな話、という共通点がある!
というやや強引な理由にも関わらず、こころよく楽曲使用を認めてくださったレキシの池田貴史さん、
その懐の大きさに、深く感謝いたします。
歴史物や時代劇って、何だか難しそう・・・と思っている方はだいぶ損をしています。
気分を晴らしたい時には、気軽に楽しめるレキシ・エンターテインメントの世界へ。
「殿、利息でござる!」×「年貢 for You」のコラボレーションが、そのきっかけになることを願っています。
-------------------

スペシャルコラボPVはこちら。
http://www.youtube.com/watch?v=Rdr4e4PZy04

映画情報は以下のとおり。

●映画情報
『殿、利息でござる!』
2016年5月14日(土)全国公開
原作:磯田道史『無私の日本人』所収「穀田屋十三郎」(文春文庫刊)
監督:中村義洋 
出演:阿部サダヲ 瑛太 妻夫木聡 竹内結子 松田龍平 他 
製作:「殿、利息でござる!」製作委員会
配給:松竹
クレジット:©2016「殿、利息でござる!」製作委員会
公式HP:http://www.tono-gozaru.jp/

RO69(アールオーロック)

最終更新:5月13日(金)20時45分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。