ここから本文です

アウディ、SUVの電気自動車を2018年に投入

carview! 5月13日(金)11時0分配信

アウディは12日、独インゴルスタッドで年次株主総会を開き、2015年度の業績発表を行うとともに、今後のモデル戦略について発表した。

【アウディ Q7の写真をもっと見る(5枚)】

総会のなかでアウディAGのルパート スタッドラーCEOは、2015会計年度のアウディ車の販売台数が過去最高となる180万台に達したことや、今年1月から4月の累計販売台数が前年を4.9%上回り、2016年もさらなる伸びが見込めることを発表した。

モデル戦略については、2016年中に全20の新型車または改良モデルを市場に投入すると発表した。この中には新型コンパクトSUVの「Q2」や、大型SUVの追加モデル「SQ7 TDI」、プラグインハイブリッドの「Q7 e-tronクワトロ」、「A4オールロードクワトロ」「S4セダン/アバント」などが含まれる。

さらに総会では、完全なEVの大型モデルを投入する計画について触れ、航続距離500kmを超えるスポーティなSUVを2018年に投入すると明らかにした。さらにこのモデルを皮切りに、毎年新たなEVを投入していく考えだ。

このほか2017年中に新型「A8」を投入することを明らかにした。新しいフラッグシップセダンは半自動運転機能を備え、渋滞する高速道路において60km/hの速度まで自動運転が可能という。さらに完全自動運転については、2025年までに実用化にこぎ着けると述べた。

株式会社カービュー

最終更新:5月13日(金)11時0分

carview!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]