ここから本文です

ジロ・デ・イタリアはグライペルが第7ステージ優勝…大会通算5勝目

CycleStyle 5月14日(土)9時34分配信

第99回ジロ・デ・イタリアは5月13日、スルモーナ~フォリーニョ間の211kmで第7ステージが行われ、ロット・スーダルのアンドレ・グライペル(ドイツ)が大集団によるゴール勝負を制して優勝した。

他の写真を見る

グライペルは大会通算5勝目。ドイツ勢としてはこの大会で4勝目となり、同大会勝利は通算で30勝。また、同チームは3区間連続優勝となるが、これは2013年にモビスターが第15ステージから3連勝して以来。

「チーム3連勝は期待していた以上の快挙だ。7区間で3勝だよ。調子のいいこのひとときを楽しみたい」とグライペル。

総合成績ではジャイアント・アルペシンのトム・デュムラン(オランダ)がタイム差なしの第一集団、区間28位でゴール。ピンク色のリーダージャージ、マリアローザを守った。

「明日のステージは上り坂の一部がダートになっているが、強力なチームメートがいるので心配していない。1日ごとにこのマリアローザを守っていき、ジロ・デ・イタリアが終了したらリオデジャネイロオリンピックのために高地トレーニングに臨むつもりだ」とデュムラン。

NIPPOビーニファンティーニの山本元喜は5分39秒遅れの183位でゴール。総合成績は前日の183位のまま。首位とのタイム差は50分56秒。

最終更新:5月14日(土)9時34分

CycleStyle