ここから本文です

英会話ができるようになりたい!補助金って受けられるの?

ZUU online 5月14日(土)12時10分配信

グローバル化により、公用語を英語とする企業が増えてきていますね。勉強したいけど、スクールは結構お金もかかるし、補助金とかもらえると嬉しいんだけどな・・・今回はそんな方のために、英会話の補助金に関するコラムです。

■英会話の勉強方法

一番代表的な勉強方法が、英会話スクールに通うということです。

・マンツーマン型のスクールとグループの授業をするスクール
・外国人が教えてくれるスクールと日本人講師のスクール
・TOEICなどビジネス重視のスクールと会話重視のスクール

スクールごとに様々な特徴があるので、ご自身が何を重視するのか?ポイントを決めて選ぶと良いでしょう。

また、最近ではオンラインでも英会話が習えるようになっていることをご存知でしょうか。現地の外国人とスカイプ等を介して、会話をする仕組みです。一般のスクールと比較すると料金も安く、自由度が高いのがポイントですね。

それでもやはりFace To Face で学びたい!という方は、やはり英会話スクールを利用すると良いでしょう。

■英会話を習う際の費用

それでは実際に英会話スクールに通う場合、どれくらいの費用を考えておけばよいのでしょうか?

当然英会話スクールにもよりますが、週に1度の授業で月謝が1万円~2万円というのが多いようです。マンツーマン形式を希望する場合は、料金は倍額になると考えた方が良いでしょう。マンツーマン形式を1年間続けたとすると、50万円程度は費用が掛かるとみておくと良いでしょう。

もちろん金額としては大きな出費となりますが、1カ月留学をした場合の費用が30万円~50万円と言われているので、必ずしも高いとは言えないのかもしれません。

■英会話スクールで補助金は受けられるの?

それでは英会話スクールに通う場合、何か補助金を受けることはできるのでしょうか?

答えは、(条件付きで)YESです。厚生労働省が実施している「教育訓練給付」という制度を利用することができます。キャリアアップのための支援制度と考えると理解しやすいと思います。

教育訓練給付にも複数の種類がありますが、一般教育訓練給付というのが英会話スクールにも利用できる制度です。この制度は、雇用保険の加入期間が通算1年以上ある方が利用できます。給付の内容としては、スクールに払う学費の20%(最大金額10万円)がハローワークから支給されます。

以前にも同じ制度を利用したことがある方は条件が異なり、以前の利用日(支給日)から雇用保険加入期間が3年あることが条件となります。学費が割引されるわけではありませんのでご注意ください。

■一般教育訓練給付を利用する際の流れ

1:英会話スクールで、教育訓練給付対象の講座を申し込み(=学費の支払い)
2:レッスンスタート
3:英会話スクールから終了認定を受ける
4:ハローワークに終了証明書を提出
5:指定した銀行口座に、払い戻しを受ける

ご自身で学費を全額払う必要があります。そして終了認定を受けるためには、一定の出席率など条件があります。きちんと出席して勉強しましょう!

なお、英会話スクールによっては、教育訓練給付の対象になっていないこともあります。給付を受けることを検討している方は、事前にスクールに確認しましょう。

教育訓練給付は、キャリアアップのための助成制度です。キャリアアップのために語学を磨きたい!そんな前向きの方は、是非うまく活用して下さいね!

執筆者:平原 直樹(ブロードマインド株式会社のベテランファイナンシャルプランナー)
第一種証券外務員を保有するお金のプロ!難しいお金の話を分かりやすく解説します。

(提供:Sodan)

最終更新:5月14日(土)12時10分

ZUU online