ここから本文です

錦織がティームを下してジョコビッチとの準決勝へ [ローマ/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 5月14日(土)6時4分配信

 イタリア・ローマで開催されている「BNL イタリア国際」(ATP1000/5月8~15日/賞金総額374万8925ユーロ/クレーコート)の男子シングルス準々決勝で、第6シードの錦織圭(日清食品)が第13シードのドミニク・ティーム(オーストリア)を6-3 7-5で倒して大会初の4強入りを決めた。試合時間は1時間39分。

錦織はガスケに2週連続勝利「体調面での問題はもうない」 [BNL イタリア国際]

 錦織とティームは昨年6月にハレ(ATP500/グラスコート)の1回戦で初対戦しており、錦織が7-6(4) 7-5で勝っていた。

 錦織は今大会には2年連続3度目の本戦出場。昨年は自己最高のベスト8に進出し、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)に3-6 6-3 1-6で敗れていた。

 錦織は準決勝で、第1シードのジョコビッチと対戦する。ジョコビッチは準々決勝で、第5シードのラファエル・ナダル(スペイン)を7-5 7-6(4)で下しての勝ち上がり。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:ROME, ITALY - MAY 13: Kei Nishikori of Japan in action against Dominic Thiem of Austria during day six of the The Internazionali BNL d'Italia 2016 on May 13, 2016 in Rome, Italy. (Photo by Matthew Lewis/Getty Images)

最終更新:5月14日(土)6時4分

THE TENNIS DAILY