ここから本文です

ウカスカジー本気のユーモア&心躍るサウンド、2年ぶりアルバム

MusicVoice 5月14日(土)8時14分配信

 Mr.Childrenの桜井和寿とラッパーのGAKU-MCによるユニット「ウカスカジー」が、14年6月発売の前作『AMIGO』以来2年ぶりとなるニューアルバム『Tシャツと私たち』を7月13日に発売する。

【写真】ニューアルバム『Tシャツと私たち』のジャケット

 本作には、初披露した昨年のMIFA Football park 1st Anniversaryで大反響を呼び、音源化を熱望されていた人気曲「Anniversary」をはじめ、ウカスカジーの2人が友人の結婚パーティーへ出席したことがきっかけとなり楽曲制作を開始した“ハッピーウェディングソング”として結婚披露宴で新郎新婦の感動を誘うであろう「Celebration」を収録。

 今回のツアータイトルでもあり、曲頭からのご機嫌なリズムに自然と体が動いてしまう、歌って踊れるハッピーチューン「HAPPY HOUR」や、ウカスカジーの代表曲「勝利の笑みを 君と」をリオに向けてチューンアップ。

 前作『AMIGO』収録の「縁 JOY AMIGO」でもウカスカジーとの相性抜群なDJ FUMIYA(RIP SLYME)とのタッグにより新たな楽曲として生まれ変わった新曲「前を向け!」や、ウカスカジーの音楽への躍動する情熱を歌うアルバム表題曲「Tシャツと私たち」の新曲5曲も収められる。

 更に、「Celebration(Instrumental)」やボーナストラックとして“Special talk about「Tシャツと私たち」”&MIFAのマスコット“ミファンダ”をボーカルに迎えた(?)「ミファンダえかきうた」を収録される。

 本作ジャケットデザインは、MIFAやウカスカジーの全デザインを担当する榮良太氏が担当。仕事をそして遊びを全力でやり終えた後の“最高の乾杯の瞬間”を“ミファンダ”の着ぐるみをきたウカスカジーが体現している。

 全力で音楽を楽しむ桜井和寿とGAKU-MCの“笑顔と音にまみれたHAPPY HOURの賜り物”ウカスカジー本気のユーモア&心躍るサウンドに聴きどころ満載な大傑作となっている。

 また、今回は本作リリース前に6月17日から『ウカスカジー はじめてのツアー HAPPY HOUR』と題したZEPP規模の全国ツアーを5カ所で開催。

 ニューアルバム『Tシャツと私たち』発売週の7月16日にはMIFAが運営するMIFA Football Parkと隣接する豊洲PITを会場に、『ウカスカジー はじめてのツアー HAPPY HOUR 追加公演~NEW ALBUM Release Party “おめでたい私たち”~』を開催する。全国ツアー会場では予約者全員にきんちゃくと私たち(ショルダーバック)を、そして抽選特典としてミファンダヘッドホン(各会場10人)、ミファンダぬいぐるみ(各会場10人)が貰える会場限定特典付きのアルバム予約会も開催する。

最終更新:5月14日(土)8時14分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。