ここから本文です

サヨナラ打のG坂本が1位、中日助っ人も登場 ハイレベルなセ首位打者争い

Full-Count 5月14日(土)10時2分配信

13日は試合中に目まぐるしく順位変動、ナニータは規定打席到達

 開幕から1か月が経過し、セ・リーグで熾烈な首位打者争いが繰り広げられている。13日の試合前まで、1位は山田(ヤクルト)の.360、2位は坂本(巨人)の.359、3位はエルドレッド(広島)の.351と3選手が3割5分以上を記録。13日のゲームもそれぞれがスタメン出場。試合中も目まぐるしく打率が上下し、順番が何度も入れ替わった。

過去10年の各球団ドラフト指名選手一覧

 1位だった山田は巨人・菅野に抑え込まれてノーヒット。打率は.347となった。2位だった坂本は延長12回を戦い、最後の6打席目でサヨナラ安打となる二塁打を放つなど2安打1四球をマーク。打率.361で、トップに立った。3位だったエルドレッドは3打数2安打1四球とマルチヒットを記録。.358と打率を上げ、坂本に続いて2位・・・かと思われたが、もう一人、打率3割6分超えが現れた。中日のナニータだ。

 ナニータは20試合連続安打を記録するなど、ヒットを量産。開幕当初は控えにまわる試合が多く、規定打席に到達していなかったが、安打を重ねるごとにスタメン出場が増えた。ようやく13日に規定到達。広島戦では3打数2安打1四球で打率.360。坂本がサヨナラ安打を放つまでは、セ界の打率トップだった。

 13日の終了時では1位は坂本の.361、2位はナニータの.360。3位はエルドレッドの.358、4位が山田の.347とハイアベレージの打者が並ぶ。試合の結果だけでなく、1打席1打席で変わるセの打率争いも注目だ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月14日(土)11時55分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。