ここから本文です

ウェルベックの離脱はイングランド代表にもダメージ ヴェンゲル「大きな損失だよ」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月14日(土)8時40分配信

9か月間の離脱が決定

8日のマンチェスター・シティ戦で負傷交代したアーセナルFWダニー・ウェルベックは、9か月間ピッチを離れることになった。当然EURO2016に間に合うはずはなく、2016年中の復帰すら難しいと言われている。アーセナル指揮官アーセン・ヴェンゲルにとってもウェルベックの負傷は痛手だが、同指揮官はウェルベックの離脱がEURO2016を戦うイングランド代表にも大きなダメージを与えることになると考えている。

英『Daily Mirror』によると、ヴェンゲルは複数のポジションをこなせるウェルベックの損失はイングランド代表にとって想像以上に大きいと感じており、自身の教え子の重要性についてコメントしている。

「ウェルベックの負傷は私たちを落胆させたし、非常に悲しいことだ。彼は恐らく1年近く離脱することになるだろう。ウェルベックはEURO予選で重要な選手だったし、チームメイトのことも理解している。彼はサイド、中央と複数のポジションを担当することができるからね。イングランドにとってウェルベックの離脱は大きな損失だよ」

ウェルベックはセンターフォワードはもちろん、サイドハーフとしてもプレイすることが可能だ。パワー、スピード、運動量と全ての能力を高いレベルで備えており、代表監督のロイ・ホジソンもウェルベックの離脱を嘆いていることだろう。今のイングランド代表にはジェイミー・バーディやハリー・ケインら優秀なストライカーが揃っているが、フランスの地ではウェルベックの重要性を改めて知ることになるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月14日(土)9時47分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。