ここから本文です

日ハム増井が1軍再昇格 即守護神へ、栗山監督「予定通り行きます」

Full-Count 5月14日(土)13時8分配信

防御率7.84の不調で4日に2軍落ち、最短再昇格に「元気そうだね」

 日本ハムの栗山英樹監督が14日、1軍再昇格した守護神・増井浩俊投手への変わらぬ信頼を口にした。

日本ハム、過去10年のドラフト指名選手一覧

 増井は4日・ソフトバンク戦(札幌ドーム)の9回に1点リードを追いつかれ、2戦連続でセーブ失敗。防御率7.84と不安定な投球が続き、4日に2軍再調整となっていたが、この日に“最短”で1軍再昇格した。栗山監督は再昇格後も抑えとして起用する方針を示した。

「元気そうだね。(練習前に)少し話しも出来た。予定通り行きます」

 1軍再昇格、即守護神―。栗山監督は右腕へ絶対的な信頼を持っている。11年から5年連続で50試合以上に登板。14年序盤に中継ぎから抑えへ抜擢し、昨季はリーグ2位の自己最多39セーブをマークした。

 13日のイースタン・リーグDeNA戦(鎌ヶ谷)では8回に2番手として登板。1回を1安打1失点だったが、栗山監督は映像で投球を見ることもなかったという。

「気になることがあっても、オレは全て任せているから。自分でやってくれることを信じている。元々、ボールは悪くない。いくつかあるが、あれだけの投手だから」

 上位進出、さらにソフトバンク追撃へは増井の存在が不可欠。栗山監督は「オレは今でも抑えは増井しかいないと思っている」と、誰よりも右腕の復活を待っている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月14日(土)14時35分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]