ここから本文です

ドイツ屈指の技術を持つGK、イングランドからのオファーを認めるも「ここで幸せ」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月14日(土)15時51分配信

クラブも一安心か

ボルシア・メンヘングラッドバッハのGKヤン・ゾマーが自身の去就について明らかにしている。

GK大国として知られるブンデスリーガの中でも確かなセービングと足元の技術で高い評価を受けているゾマー。そんな同選手だけに他クラブからのオファーはやはり舞い込んできているようだ。独『Bild』が伝えた。

同選手は「すべてオファーは聞いているよ。このクラブの選手に大きなオファーがあれば、グラッドバッハも簡単には“ノー”と言えない。それがフットボールの世界だ」と話している。

一方で、自身の今後については「何も考えていないよ。僕は契約が残っているし、ここで幸せだと感じている。残り1試合で4位を決めて、EUROに集中したいね」と残留を宣言した。

ボルシアMGはシャカやダフードなど移籍の噂がたっている選手が多くいるが、ひとまずGKについては心配しなくてよさそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月14日(土)15時51分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。