ここから本文です

巨人、3連勝で首位キープ 今村が好投で2勝目、ギャレット&亀井が2ラン

Full-Count 5月14日(土)16時37分配信

ヤクルトに快勝、長野は2本のタイムリー

 巨人は14日、本拠地でのヤクルトに7-1で快勝し、3連勝で首位をがっちりキープした。先発今村が7回5安打1失点で2勝目(1敗)。打線は亀井、ギャレットに2ランが飛び出した。
 
 巨人の先発・今村は初回、2死から山田にセンターへのヒットを許すと、続くバレンティンにタイムリーツーベースを浴び、先制を許した。

 一方、巨人打線はすぐに反撃。2回、先頭ギャレットがツーベースで出塁すると、続く長野がタイムリーツーベース。さらに、亀井はライトスタンドへ勝ち越し2ランを叩き込んだ。

 今村は3回2死一、二塁のピンチを招くも、畠山を投ゴロで無失点。4回は3者凡退。5回は1死から坂口にライト前ヒットを許したが、川端、山田を打ちとった。

 6回も無失点に抑えると、その裏に貴重な追加点が入る。2死から坂本がレフト前に運び。続くギャレットが右中間へ2ラン。リードを5点に広げ、7回にもクルーズの犠飛で1点を加えて6-1とした。

 巨人は8回を2番手マシソンが無失点に抑えると、その裏に長野のタイムリーツーベースでさらに1点を追加。9回は田原が抑えて快勝した。7回5安打1失点の今村が今季2勝目。亀井、ギャレットの2ランが効き、3連勝で首位をキープした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月14日(土)16時44分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]