ここから本文です

日ハム宮西、史上2人目の通算200ホールド 「支えられて達成できた」

Full-Count 5月14日(土)16時59分配信

14年の巨人・山口以来、「自分の記録よりもチームが勝つことが大事」

 日本ハムの宮西尚生投手が14日の西武戦(札幌ドーム)で史上2人目の通算200ホールドを達成した。プロ野球では14年の巨人・山口鉄也以来だ。

 宮西は3点リードの7回から3番手で登板。代打・外崎から空振り三振を奪うと、金子侑を二ゴロ、秋山を中飛と3者凡退に仕留めた。

 市尼崎から関学大を経て、07年大学・社会人ドラフト3巡目で日本ハム入り。入団から8年連続50試合以上に登板している。宮西は「ここまで積み重ねてこれたのも、皆さんに支えられて達成できたこと。本当に感謝しています。だけど、自分の記録よりもチームが勝つことが大事なので、引き続き応援したいと思います」とコメントした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月14日(土)17時31分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。