ここから本文です

アーセナルの得点力不足を解消するのは誰だ サポーターが獲得してほしいストライカーTOP8

theWORLD(ザ・ワールド) 5月14日(土)21時20分配信

1番人気は誰もが欲しがるストライカー

現在トップ4に入っている中で総得点が61と最も少ないアーセナルは、得点力アップを実現させるために今夏FWの獲得に動く考えを持っている。さらに復帰以降は結果を残していたダニー・ウェルベックが9か月間離脱することになり、今夏にストライカーを確保することは絶対条件となっている。

これまでもアーセナルの獲得リストにはパリ・サンジェルマン退団が報じられたズラタン・イブラヒモビッチ、リヴァプールが誇るガラスの才能ダニエル・スタリッジなど大物ストライカーの名前が浮上していたが、サポーターはこれまで話題に挙がった選手の中で誰を獲得してほしいと考えているのか。英『METRO』がアーセナル移籍が噂された8選手をリストアップし、どの選手の獲得を望むかアンケート調査を行った。

8位 ルーカス・ペレス(デポルティーボ)

7位 マウロ・イカルディ(インテル)

6位 ダニエル・スタリッジ(リヴァプール)

5位 アルバロ・モラタ(ユヴェントス)

4位 ミッチー・バチュアイ(マルセイユ)

3位 ヴィンセント・ヤンセン(AZ)

2位 ズラタン・イブラヒモビッチ(PSG)

1位 ゴンサロ・イグアイン(ナポリ)

サポーターが望んでいるのはセリエAで得点を量産しているイグアイン、それに次ぐのが未だに成長を続けるイブラヒモビッチという結果になった。しかしこの2人を欲しがっているのはどのクラブも同じで、獲得は容易ではない。エールディビジで27得点を挙げて得点王争いをリードしているヤンセン、リーグ・アンで17得点を挙げて得点ランク4位につけるバチュアイあたりが実現可能な候補といったところか。

意外にもイカルディやモラタ、スタリッジが人気を集めなかったが、果たして得点力不足に苦しむアーセナルを救ってくれるのはどのストライカーだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月14日(土)21時20分

theWORLD(ザ・ワールド)