ここから本文です

日ハム栗山監督が明かす 史上2人目200ホールド達成した宮西の「凄さ」とは

Full-Count 5月14日(土)20時40分配信

1イニングをパーフェクトで達成、タフな左腕に「ただただ、感謝しかないです」

 日本ハムの栗山英樹監督が14日、史上2人目の通算200ホールドを達成した宮西尚生投手の「凄さ」を語った。

日本ハム、過去10年のドラフト指名選手一覧

 宮西は西武戦(札幌ドーム)の7回から3番手としてリリーフ登板。先頭の代打・外崎を空振り三振に仕留めるなど1イニングをパーフェクトに抑え、巨人・山口鉄也以来の快挙を達成した。

 中継ぎはスポットライトの当たりづらいポジションだが、連投は当たり前。人一倍のタフさが求められる。それだけに、試合後の栗山監督の言葉には感謝が詰まっていた。

「中継ぎというのは無理な使われ方をする。長くやるのは本当に大変なポジション。その中で、安定して数字を残すことは本当に凄い。いかにベンチにとって、チームにとって大きいか。監督である立場の人はみんな分かっていると思う。ただただ、感謝しかないです」

 07年大学・社会人ドラフト3巡目で日本ハム入り。入団から8年連続で50試合以上に登板している。栗山監督が宮西の凄みを感じたのは昨季だろう。長年酷使した左肘が開幕前に悲鳴。昨オフに手術することとなったが、15年シーズンは万全でない中で50試合登板、3勝3敗、防御率2.70とまずまずの成績を残した。

「いろんな手はあると思うけど、状態が良くない時でも抑えられる」

「いい時は普通に抑えられるけど、ボールが良くない時に、どうやって抑えるか。それは経験があるかもしれないけど、こうやったら抑えられるとか、ここは真ん中に投げるとか…。いろんな手はあると思うけど、状態が良くない時でも抑えられる。みんながそう思っているのが凄いことだ思う」

 この日は「WE LOVE HOKKAIDO シリーズ 2016」の開催期間中でスタンドは超満員。その中で中継ぎ左腕が記録を打ち立てた。

「この満員の中で宮西が200ホールドを達成できた。こちらの計算通りにいかないが、本当に良かった。苦労して頑張っているからこそ、重みのある記録。今は増井が抑えになっているが、監督になってから宮西と増井の2人には、ずっと無理してもらっている。無理ばかりかけますけど、今日は良かったと思います」

 今季初の4連勝を飾ったが、この日のヒーローインタビューは宮西だけ。「やっぱり慣れないです。でも、本拠地で満員の中で記録を達成できたことに感謝しています」と振り返った左腕だが、4万1138人の大歓声が15日以降の新たな活力となるに違いない。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月14日(土)20時53分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)