ここから本文です

ロッテドラ1平沢、初先発で連続三振も…伊東監督「あの守備は大きかった」

Full-Count 5月14日(土)21時13分配信

打撃に課題「まだついていけてない」、守備では「これからも投手を助けるプレーを」

 ロッテのルーキー平沢大河内野手が初スタメンで守備で光るものを見せた。

 14日のQVCマリンでの楽天戦で、「9番・遊撃」でプロ初のスタメンに名を連ねた。伊東監督は「レディースデー」の15日にスタメンで起用する可能性を示唆していたが、「試合前の練習中にひらめいた」と一日早いお披露目。この日先発のレイからイースタンでプロ1号を放っている相性も考えての起用だったようだ。

ロッテ、過去10年のドラフト指名選手一覧

 だが、1軍レベルの速球には振りまけて、2回、3回と2打席連続の三振に終わり「1軍の真っすぐにはまだついていけない。スイング自体はよくなっているのでこれから練習して」と言葉少な。5回のチャンスでは井口に代えられて「ああいう場面で打たせてもらうようにならないと」と振り返った。

 もっとも、守備では見せた。3回2死一、二塁で嶋のセンターへ抜けようかという打球に二塁ベース後方に回り込み、茂木を二塁封殺。「あの守備は大きかった。ベースの上を通っていたから。抜けたら1点ですから」と伊東監督も褒める守備に、平沢自身も「これからもピッチャーを助けるプレーをしたい」。少しだけ自信をつけた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月14日(土)21時13分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。