ここから本文です

コンテはチェルシーでも3バックを使うのか さっそく英紙が3バックのスタメン予想を展開

theWORLD(ザ・ワールド) 5月14日(土)22時40分配信

残留の可能性があるテリーもセンターバックに

来季からチェルシーで指揮を執るアントニオ・コンテといえば、ユヴェントスで使用していた[3-5-2]のシステムが印象的だ。現在ユヴェントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリもコンテの残した3バックシステムを頻繁に使用しており、このシステムのおかげでチームは非常に安定した。

そこで注目されているのは、コンテが不振に苦しむチェルシーでも3バックを採用するのかだ。今季のチェルシーは守備のミスも目立ったため、それを安定させるためにセンターバックの枚数を1枚増やすのは悪い選択ではない。近年のチェルシーはほとんどの試合で4バックを使用してきたが、英『METRO』はコンテの就任で3バックへの変化があり得ると主張。さっそく[3-5-2]に当てはめたスタメン予想を展開した。

ポイントはDFジョン・テリーの残留だ。すでにクラブがテリーに契約延長オファーを提示したと伝えられており、放出濃厚だったクラブの伝説が残留する可能性が高まっている。コンテはユヴェントスでもベテランのアンドレア・バルザッリを起用していたため、テリーがスタメンでプレイする可能性も十分考えられる。

同メディアの予想スタメンではクルト・ズマ、ガリー・ケーヒル、そしてテリーの3枚が3バックを構築し、ウイングバックにはセサル・アスピリクエタ、そしてユヴェントスでプレイしているファン・クアドラードを呼び戻すと予想されている。

中盤はセスク・ファブレガスとネマニャ・マティッチの2人がボランチを組み、トップ下には今季好調だったウィリアンが入る。そして2トップには、ジエゴ・コスタとサイドで起用されることが多いエデン・アザールの名前が入っている。

同メディアの行ったアンケートでは66%の人がこのシステムに賛同すると答えているが、テリーの残留で3バックは加速するのか。コンテの採用するシステムにも注目だ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月14日(土)22時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]