ここから本文です

巨人3連勝、DeNA今永2勝目、ロッテ約5時間の熱戦制す…14日のプロ野球

Full-Count 5月14日(土)22時41分配信

阪神岩貞は防御率トップ陥落、中日ビシエド決勝弾、日ハム宮西200ホールド、オリはサヨナラ勝ち

 プロ野球は14日、各地で6試合が行われた。セ・リーグは巨人がヤクルトに快勝し3連勝。先発今村が7回1失点の好投で2勝目。打線はギャレット、亀井に2ランが飛び出すなど、効果的に得点を加えた。長野も2打点の活躍。ヤクルトは先発・山中が6回5失点と崩れた。DeNAは先発のドラ1今永が6回1失点の好投で2勝目。打線は筒香のソロ、桑原の2点適時打による3点のみだったが、救援陣が無失点リレーでリードを守った。今季好調の阪神・岩貞は4回3失点で2敗目。リーグ防御率はトップから陥落して2位となった。

2016年 セ・リーグ&パ・リーグ 順位表

 中日は広島に逆転勝利。3点を追う7回に野本、大島、荒木の3連続タイムリーで同点に追いつき、8回にビシエドの決勝ソロが飛び出した。1回を1安打3奪三振無失点と好投した田島が今季初勝利。広島はプロ初勝利を目指したドラ1岡田が6回2失点と好投も、ヘーゲンズ、ジャクソンと中継ぎ陣が崩れ、痛恨の逆転負けとなった。

 パ・リーグは日本ハムが西武に勝利。1点を追う2回に西武先発・多和田の3連続押し出し四球などで逆転すると、その後も中田のタイムリーなどで加点した。先発バースが5回2失点で3勝目。宮西が7回に登板して1イニングを無安打1奪三振無失点と完璧に抑え、史上2人目の通算200ホールドを達成した。西武のドラ1多和田は初登板初先発で制球の乱れから自滅して2回途中4失点とKOされ、厳しいデビューとなった。

 ロッテは楽天との4時間57分の熱戦を制した。両先発投手が崩れると、中継ぎ投手も流れを止められず、ロッテ鈴木が5打点、楽天茂木が4打点を挙げるなど大乱戦に。12-12で迎えた延長10回に井口がサヨナラ打。両チーム合わせて34安打、25得点、14投手登板の一戦を制した。ロッテのドラ1平沢はプロ初スタメンも、2打席連続三振で3打席目に代打を送られた。オリックスは通算100勝を目指した先発・金子が7回まで1失点。同点の7回に安達、糸井のタイムリーで2点を勝ち越したが、8回に金子が2失点追いつかれ延長に。最後は延長10回に中村のサヨナラ打で熱戦を制した。金子の100勝はお預け。ソフトバンクは10回に登板したスアレスが2敗目を喫した。

【セ・リーグ】
◇巨人 7-1 ヤクルト(東京ドーム)
勝 今村(2勝1敗)
敗 山中(2勝2敗)
HR【巨】亀井2号、ギャレット7号

◇DeNA 3-1 阪神(横浜)
勝 今永(2勝4敗)
敗 岩貞(3勝2敗)
S 山崎康(1勝2敗8セーブ)
HR【D】筒香11号

◇中日 6-5 広島(ナゴヤドーム)
勝 田島(1勝0敗)
敗 ジャクソン(0勝3敗)
S 福谷(1勝0敗7セーブ)
HR【中】ビシエド13号

【パ・リーグ】
◇日本ハム 7-3 西武(札幌ドーム)
勝 バース(3勝4敗)
敗 多和田(0勝1敗)
HR【西】浅村5号、メヒア15号、中村5号

◇ロッテ 13x-12 楽天(QVCマリン)
勝 松永(2勝0敗)
敗 松井裕(0勝2敗7セーブ)
HR【ロ】角中1号【楽】ウィーラー6号

◇オリックス 4x-3 ソフトバンク(ほっと神戸)
勝 塚原(3勝1敗)
敗 スアレス(1勝2敗)

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月14日(土)22時42分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。