ここから本文です

向井理、高畑充希へ突然のウィンク攻撃 『とと姉ちゃん』“アドリブ”秘話を語る

クランクイン! 5月14日(土)5時0分配信

 放送中のNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』で、ヒロイン・常子(高畑充希)ら三姉妹の叔父・鉄郎役を演じる向井理。鉄郎は、きわめていい加減だが愛すべきキャラ。これまではあまりなかったイメージを見せている向井に、その役柄への取り組みを聞いた。

【関連】「向井理」フォトギャラリー


 定職にもつかず、儲け話を追い求めて全国を渡り歩く風来坊。「テキトーが歩いているような役柄です」と自らが語る鉄郎役について、「演っていて楽しいです。あまり演じたことのないタイプの役で新鮮ですし、気楽にやれるので…」と話す。脚本家の西田征史とは以前から親交があり、当て書きの部分もあるという。「鉄郎ほど極端ではないですけど、確かに僕の中にある要素だと思います。イタズラ心みたいなものは常にあって、極端にいろんな方向に伸ばしていくとああいう役柄になるのかなと」と分析する。

 西田には笑いの面でも細かいこだわりがあるそうで、「その点は大事に演じないといけないし、ここに僕がいる意味はそこなのかなと。僕がボケ役で、三姉妹がツッコミ役のような…」と密かなこだわりを明かした。

 今は鉄郎の一面的なイメージにとらわれず、色々な芝居のパターンを試している最中だそう。「なるべくとらえどころのない人になっていたほうが、あとあと使い勝手がいいのかなって。何をやっても『この人ならやりそうだな』と思ってもらったほうがいい。初めのほうでいろんなことをやっておいたほうが、ちょっといいことをするとすごくいい人に見えると思うんです」と企みを明かし笑う。


 現場ではアドリブも多い。個性的で芸達者な面々が揃う本作では、その輪のなかで先輩たちのやりとりを見るのも楽しいとのこと。「先日も(片岡)鶴太郎さんたちが『これは使えないだろうな』と思えるようなアドリブの応酬をやってらっしゃいましたけど、みんな楽しんでやっています」と楽しそうだ。

 出演者が少ないシーンでは自らアドリブを仕掛けることも。それはヒロインの高畑相手でも。「高畑さんはすごくまじめ。出来上がっている感じで…」。そんな高畑をブレさせるのは大変だというが、だからアドリブを仕掛けるという。「どうにかドキッとさせたいなと、顔が近くになった時に本番だけウィンクしたり…。そしたら固まってました(笑)。でも、それがキュートでしたね」と茶目っ気たっぷりの表情を見せた。

 現在(インタビュー時)は戦時中の撮影に臨んでおり、「どんな人でも戦争で運命が変わらなかった人っていないと思うんです。玉音放送を聞いた時の心境というのは、自分の考えを超える何かがあったと思う。鉄郎だったら『戦争終わった、ラッキー』って簡単に思うかもしれないけど、その時代背景や国民性、当時の大日本帝国の国民として考えると…」と、表現の仕方に迷うところだという。キャラクターと時代背景が違うのでその整合性をどう合わせようか試行錯誤中とのことだ。

 その後、常子が本を作ることに没頭していくきっかけを作るのが鉄郎。「それがうまく回り始めたところでまた常子たちの元からいなくなる。去り方は毎回一緒なんですけど、何かきっかけを残して去っていくんです。あまり評価されない役柄ですけど(笑)、それでもいいやと思えるキャラクターですし、『またなんか来たな、またなんかやらかしてるな』と思ってもらえれば」とあっけらかんと語っていた。

 NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』は総合テレビにて月曜から土曜あさ8時放送。

最終更新:5月14日(土)5時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。