ここから本文です

『真田丸』信繁と茶々が急接近! 吉田羊演じる稲ついに登場

クランクイン! 5月14日(土)12時30分配信

 現在放送中のNHK大河ドラマ『真田丸』。前回放送の第18話では真田が、宿敵・徳川のもとで戦うよう秀吉(小日向文世)に命じられる。昌幸(草刈正雄)は上田領を守るため苦い決断するが、一方で、姉・松(木村佳乃)との再会を果たし喜ぶのだった。

【関連】『真田丸』第19話「恋路」<フォトギャラリー>


 第19話では、信繁(堺雅人)は茶々(竹内結子)にせがまれ大坂城の中を二人きりで案内する。まだ若い茶々が過酷な運命を生き抜いていたことを思い知り、奔放に振る舞う茶々に対し好意を抱いてしまう信繁。秀吉の周囲は信繁と茶々の仲をいぶかり始める。

 一方、家康(内野聖陽)は信幸(大泉洋)と、忠勝(藤岡弘、)の愛娘・稲(吉田羊)との政略結婚を持ち掛けるのだった…。

 NHK大河ドラマ『真田丸』第19話はNHK BSプレミアムにて5月15日(日)18時、総合テレビにて20時放送。

最終更新:5月14日(土)12時30分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。