ここから本文です

佐藤健、「猫のパンプよりNGが多かった」暴露されタジタジ

クランクイン! 5月14日(土)14時23分配信

 俳優の佐藤健と宮崎あおいが14日、映画『世界から猫が消えたなら』初日舞台挨拶に濱田岳、奥田瑛二、原田美枝子、永井聡監督とともに登壇した。途中、佐藤は劇中で登場した猫のパンプがスペシャルゲストとして登場すると、満面の笑みで抱きかかえるも、永井監督から「健くんとパンプの一緒のシーンは、健くんの方がNGが多かったね」と暴露され、タジタジの様子だった。

【関連】『世界から猫が消えたなら』初日舞台挨拶フォトギャラリー


 本作は、映画プロデューサー・川村元気のベストセラー小説を映画化。余命わずかと宣告された青年が、自分とそっくりの悪魔から「大切なものと引き換えに1日の命を与えてくれる」という話を持ちかけれ、かけがえのないものをなくしてしまう喪失感とともに、命以上に大切なものを再認識させてくれるヒューマンストーリー。

 プライベートでも猫を飼っているという佐藤は、パンプが登場すると「僕も猫を飼っているのですが、こんな人が多いところでおとなしいなんてすごい」と賢さを賞賛。さらに「僕は撮影中、一人のシーンが多かったので、パンプが唯一の癒しだったんです」と良きパートナーだったことを打ち明ける。

 そんな佐藤の姿に、永井監督は「最初はクールな男の子かと思っていたら、等身大の青年でした。みんなには『健ちゃん』や『たけるん』って呼ばれていたんです。彼はみんなに好かれる人です」と絶賛。奥田も「こんなに若いのに、酒が強い。この男は飲むぞ!」とイメージとは違う一面を披露し、佐藤は苦笑いを浮かべる。

 また、アルゼンチンでの撮影について「海外で映画を撮るのが初めてだったので、それだけで高揚した気分になりました」と佐藤が初体験の感想を述べると、宮崎も「世界遺産(イグアスの滝)の前でのお芝居は貴重でしたね」と笑顔を見せていた。

 最後に佐藤は「僕たちは愛に包まれて生まれ、育ってきました。この映画を観てくれた人たちが、より優しさに包まれていただければと思っています」と作品に込められたメッセージを語った。

 映画『世界から猫が消えたなら』は全国公開中。

最終更新:5月14日(土)14時28分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。