ここから本文です

語り継がれる、ある種の“伝説”…シーズン途中で帰国した助っ人たち

ベースボールキング 5月14日(土)9時0分配信

楽天・ゴームズが自由契約公示

 5月6日の夕方、楽天から衝撃的なニュースが発表された。

 今シーズンから新加入した助っ人外国人、ジョニー・ゴームズの契約解除…。メジャー通算162本塁打の触れ込みで入団し、大きな期待を受けていた男だったが、フタを開けてみればわずか18試合の出場で打率.169、1本塁打と散々な結果に。期待を大きく裏切る結果となってしまった。

 5月13日にはNPBから自由契約の公示も発表され、これで完全に楽天から1人の助っ人がいなくなった。その穴を埋める選手の獲得はあるのか、今後の動向に注目が集まっている。

実績ある選手ほど問題児が多い?

 今回、ゴームズの途中退団のニュースを聞いた楽天ファンの多くは、2年前に楽天でプレーしていたケビン・ユーキリスのことを思い出しただろう。

 第2回WBCでアメリカ代表の4番を担った男の入団に、楽天ファンのみならずプロ野球ファンからの注目が集まったが、本来の力を発揮することができず。ケガで二軍に降格すると、5月には途中帰国となり、そのまま日本に戻ることなくフェードアウトしてしまった。

 振り返ってみると、メジャーで実績のある外国人選手ほどシーズン途中で帰国をしてしまうというケースが多い気がする。

 例えば1960年代にヤンキースで活躍したジョー・ペピトーン。1973年シーズンの途中にヤクルト(当時アトムズ)へ入団した。

 デビュー戦で4番に抜擢されるなど、大きな期待を背負っていたが、その後は無断欠勤や仮病、途中帰国などのトラブルが相次ぐ。そんな状況だったのにも関わらず、球団が代理人と途中で解除することができないという条件付きの2年契約を結んでいたため、ペピトーンはヤクルトに残留した。

 しかし、ペピトーンはオープン戦に入っても日本に姿を見せず。結局そのまま“任意引退”という形で74年シーズン開幕前に契約を打ち切った。今考えても、史上最強クラスの“問題助っ人”である。

今なお話題に上がる衝撃的な退団劇

 1984年に近鉄に入団したドン・マネーも有名な選手である。

 ブリュワーズ時代にはメジャーのオールスターゲームに4度出場した経験を持つ屈指のスター選手。現役引退を決意していた1983年に、近鉄から熱心な誘いを受けて日本へとやってくる。

 開幕直後は5番に座っていたが、途中からは栗橋茂に代わって4番を務めるなど、打線の中心としてプレー。しかし、球団から用意された住居がそれはそれは劣悪な環境で、家族がホームシックにかかってしまう。

 加えてマネー自身も、近鉄の本拠地である藤井寺球場の粗悪な環境にモチベーションは下がっていく一方。異国の地で苦しむ家族と相談した結果、球団に早すぎる退団を申し入れた。結局5月6日の日本ハム戦に出場したのを最後に、そのままアメリカへと帰国している。


 1990年代では、やはりケビン・ミッチェル(ダイエー)とマイク・グリーンウェル(阪神)の存在が大きい。

 メジャーでMVPを獲得したという華やかなキャリアを持つミッチェルは、1995年にダイエーへと入団。開幕戦で満塁本塁打を放つ衝撃的なデビューを果たすが、4月下旬には“病気”を理由に途中帰国してしまう。

 その時点ですでに助っ人には冷ややかな視線が送られていたが、ミッチェルは再来日を果たす。しかし、8月に2度目の無断帰国をした際にはついに球団側も見切りをつけ、即刻解雇した。

 その2年後の1997年、レッドソックスの生え抜きスター選手だったグリーンウェルが阪神へ入団する。

 球団史上最高額の年俸3億円超という破格の条件でやってきた男だったが、春季キャンプの時点で一時帰国。この時点で嫌なにおいがプンプン漂ったが、開幕後の4月下旬にチームへ合流すると、初出場となった5月3日の広島戦で2安打、2打点の活躍を見せる。

 「グリーンウェルはやってくれる」と阪神ファンが手のひらを返そうと思った矢先、5月11日の巨人戦で足に自打球を受けると、右足の甲を骨折。そこで骨折は野球をやめた方が良いという「神のお告げ」だったと言い出し、5月16日には帰国の途についた。

 戦力と思って獲得していた選手が途中でいなくなる。チームにとってこれ以上の誤算はないだろう。今後の緊急補強などの対応も含め、楽天の動向から目が離せない。

BASEBALL KING

最終更新:5月14日(土)9時0分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]