ここから本文です

ロッテ・スタン今季最短3回途中6失点KO 「自分の球を投げることができなかった」

ベースボールキング 5月14日(土)16時34分配信

 ロッテのスタンリッジが14日、楽天戦に先発したが今季最短の2回2/3、6失点でノックアウトされた。

 初回に4点の援護をもらったスタンリッジだったが、2回一死後、6番銀次にセンター前に運ばれると、聖沢諒に四球。一死一、二塁のピンチを招くと、8番茂木栄五郎にレフト前にタイムリー。さらに、嶋基宏、岡島豪郎のタイムリーなどで同点に追いつかれた。

 3回は一死後、ウィーラーに148キロのストレートをレフトスタンドに運ばれ勝ち越しを許す。続く松井稼頭央を四球、銀次を空振り三振に仕留めたが、その間に二盗を決められ二死二塁。聖沢に死球を与えると、第1打席タイムリーを浴びた茂木にライト前タイムリーを打たれ、スタンリッジはここで降板。2回2/3を投げ7安打、6失点だった。

 今季最短で降板したスタンリッジは「今日は高めにボールが浮いてしまい、その球を相手にしっかり捉えられてしまった。自分の球をしっかり投げることができなかった。初回に点を取ってくれた野手に申し訳ない。次は自分のスタイルを取り戻すよ」とコメントした。

BASEBALL KING

最終更新:5月14日(土)16時34分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]