ここから本文です

DeNA今永、6回1失点で本拠地初勝利! 前回投げ負けた岩貞にリベンジ

ベースボールキング 5月14日(土)17時25分配信

○ DeNA 3 - 1 阪神 ●
<10回戦・横浜>

 好調な若手左腕対決はDeNA・今永に軍配。6回1失点の好投で本拠地初勝利となる今季2勝目(4敗)。対する阪神先発の岩貞は打者・今永に四球を与えるなど、4回3失点の内容で今季2敗目(3勝)を喫した。

 早くも3度目の阪神戦先発となった今永。過去2戦はいずれも黒星。前回(4月29日)は14三振を奪いながら陽川の2ラン一発に泣き、同じく6回1失点と好投した岩貞に投げ負ける結果となっていた。

 今永は初回、三者凡退の好スタート。2回以降も低めを丁寧に突く投球で4回まで無安打投球を続けた。すると2回、打線がルーキー左腕を援護。先頭の4番筒香が、リーグトップへ1差に迫る11号ソロを放ち先制。さらに二死満塁から、1番桑原が左前へしぶとく落ちる2点適時打を放ち3-0とした。

 今永は5回、6番陽川に初安打を許すなど二死一、二塁のピンチ。ここで代打・狩野に2点差に迫られる左前適時打を許したが、続く1番大和を中飛に仕留めた。

 6回は先頭の2番俊介に四球を与えると、一死から4番ゴメスに右安を許し一、三塁。長打が出れば同点のピンチを背負ったが、自らのグラブをかすめた痛烈な打球は、二塁ベース上でバックアップしていた石川の前へ。これが4-4-3の併殺となり、今永は渾身のガッツポーズを作りベンチへ引き上げた。

 今永は6回104球の力投で3安打4奪三振1失点。7回は須田、8回は三上が繋ぎ、最後を締めた山崎康は8セーブ目(1勝2敗)を手にした。

 阪神は打線が今永を攻略できず4回まで無安打。5回は岩貞の代打・狩野が追撃の適時打を放ったが、あとが続かなかった。

BASEBALL KING

最終更新:5月14日(土)17時35分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]