ここから本文です

デヴィッド・ボウイ、初主演映画『地球に落ちて来た男』の追悼上映が決定

RO69(アールオーロック) 5月14日(土)12時33分配信

今年1月にこの世を去ったデヴィッド・ボウイが、初主演した映画『地球に落ちて来た男』の追悼上映が決定した。

1976年公開の映画『地球に落ちて来た男』は、ウォルター・テヴィスの同名SF小説を『美しき冒険旅行』『赤い影』のニコラス・ローグ監督が映画化し、新天地を求めて地球に降り立った宇宙人をボウイが演じている。

映画の詳細は以下の通り。

●映画情報
『地球に落ちて来た男』
監督:ニコラス・ローグ 脚本:ポール・メイヤーズバーグ 原作:ウォルター・テヴィス 音楽:ジョン・フィリップス、ツトム・ヤマシタ 撮影:アンソニー・B・リッチモンド 
出演:デヴィッド・ボウイ、リップ・トーン、キャンディ・クラーク、バック・ヘンリー 、バーニー・ケイシー、ほか
原題:The Man Who Fell To Earth 1976年/イギリス/カラー/139分/デジタル
© 1976 Studiocanal Films Ltd. All rights reserved.
提供:京都みなみ会館、boid 配給:boid 

7月16日(土)よりユーロスペース、シネマート心斎橋ほか全国順次ロードショー
【先行爆音上映】
「爆音映画祭 in 京都 2016」:5月19日(木)、20日(金)
「爆音映画祭 in 神戸 2016」:7月16日(土)~22日(金)<予定>
*以降、「爆音映画祭 in 仙台」、「YCAM爆音映画祭2016」でも爆音上映

RO69(アールオーロック)

最終更新:5月14日(土)12時33分

RO69(アールオーロック)