ここから本文です

ロボットの相槌が自然になる? ヤマハの「HEARTalk」技術とは

THE PAGE 5月15日(日)15時2分配信

THE PAGE

 機械やロボットの音声対話において、より人間らしい自然な対話を可能にするという「HEARTalk(ハートーク)」技術をヤマハが発表した。人間が話す言葉の高低や強弱などの「韻律(いんりつ)」を解析し、問いかけられた言葉にふさわしい韻律での返答を可能にする。他社との連携により、同技術を組み込んだ高度な音声対話システムを年内に商品化する予定だ。

 機械・ロボットと人間とが対話できる音声対話システムについては、ロボット店員と会話して製品を購入する携帯電話ショップも登場したが、人間と話をするような自然さを感じさせるところまでは、まだいたっていない。

 わたしたち人間が別の人と会話をするとき、話しかける側の声の強弱や長短、高低、間、抑揚などからなる「韻律(いんりつ)」に合わせて、応答する側も韻律を細かく変化させている。従来の機械音声による音声対話システムの場合、たとえば人間が明るい調子で話しかけても抑揚のない声で返答するなど、韻律に合わせずに応答するため、会話のやりとりに不自然さを感じてしまう。

 ヤマハは、この韻律に着目。人間が話しかける声の韻律をリアルタイムに検出・解析する「HEARTalk」技術を開発した。音声対話システムにこの技術を組み込めば、従来の機械音声による受け答えに韻律という新たな要素が加わり、人間からの問いかけに対してより自然な応答が可能になるという。

 11日からは、同技術の一部を用いて機能を相槌に限定したソフトウェアおよびハードウェアのライセンス提供を開始した。ソフトウェアライセンスは、音声対話システムを開発しているメーカー向け。ハードウェアライセンスは、おもに玩具メーカーでの利用を想定しており、マイコンなどの電子部品を組み込んだ基板や、参考回路図および参考サンプルプログラムを提供する。

 今後は、フュートレックやNTTアイティといった音声対話に関連する製品を手掛ける会社と連携し、HEARTalk技術を組み込んだ高度な音声対話システムの開発を進め、年内の商品化を目指す。同日の記者会見では同システムのデモを実施。「近くにコンビニある?」などと高い声で話しかけると高い声で、低い声での問いかけには低い声で返答する様を実演した。

 なお、このHEARTalk技術は、ヤマハ社内で募集した事業アイデアのなかから、顧客価値や市場価値の検討を経て開発にいたった。発案者でHEARTalkプロジェクトリーダーの技術本部 研究開発統括部 新規事業開発部の松原弘明企画担当次長は、「たとえば、スマホや玩具に用いることで、あたかも心が宿ったように感じられコミュニケーションが円滑になる。HEARTalk技術の楽しさと可能性を感じてほしい」と訴えていた。

(取材・文:具志堅浩二)

最終更新:5月15日(日)15時2分

THE PAGE