ここから本文です

A・クルーニー、カンヌでドレスからあわやパンツ露出

Movie Walker 5月15日(日)11時6分配信

ジョージ・クルーニーと妻のアマルが第69回カンヌ国際映画祭のレッドカーペットに登場したが、スリットの切り込みの深いロングドレスを着ていたアマルが、パンツを露出してしまう危機に見舞われるアクシデントが起きた。

【写真を見る】妻に微笑みかけるジョージ

アマルは夫の出演作『マネーモンスター』(日本6月10日公開)のカンヌ・プレミアに淡い黄色のロングドレスを着て登場した。第84回アカデミー賞でのアンジェリーナ・ジョリーを彷彿とさせるような、太ももの上部までスリットが切れ込んだドレスで、肩紐の部分からそのまま背後に流れるようにして長いトレーンを引いた、俳優の妻というよりスター女優が着るような、劇的なデザインだ。

しかし、よりによって同作のジョディ・フォスター監督やジュリア・ロバーツら他の出演者たちと一緒に並んで写真撮影をする時になって、アマルはドレスのトレーンを踏んでしまい、スリット部分が思いきり開いて両方の太ももが露出、下着が見えるスレスレの高さまでスカートがまくれあがってしまった。

ジョージ・クルーニーは彼女の隣で「大丈夫かい?」という感じの心配そうな様子で微笑しており、最終的には会場スタッフが出て来て彼女のドレスのトレーンを踏まない位置に動かしたようだ。

「父と娘みたい。そもそもキャストの写真撮影にどうしてアマルが並んでいるの?」「ははは。笑いを堪えようとしたんだけど、このアマル・クルーニーという新人女優は私を笑わせてくれる」「アマルはレッドカーペットにいるべきじゃない。すべての悪い理由で注目を一身に集めている」などの読者メッセージが英紙デイリー・メールのサイトに寄せられている。【UK在住/MIKAKO】

最終更新:5月15日(日)11時6分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。