ここから本文です

K・ペリー、オーランドの浮気疑惑に意味深ツイート

Movie Walker 5月15日(日)19時16分配信

ラスベガスのクラブでオーランド・ブルームとセレーナ・ゴメスが親密そうに抱き合っている姿をパパラッチされ、さらにその後、2人が一緒にクラブを去る姿も撮影されていたことがわかった。これを受け、オーランドと交際中のケイティ・ペリーが意味深な言葉をツイートしている。

【写真を見る】ケイティと交際中のオーランド・ブルーム

ケイティは「Is That All There Is?(それだけのこと?)」というペギー・リーによる69年のヒット曲の題名をツイッターでつぶやき、この曲のYouTubeのリンクを投稿している。英紙デイリー・メールによれば、この曲の歌詞は「私たちはあんなに愛し合っていた。ある日、あなたは去って、私は死ぬことを考えたけど、そうはしなかった。そして死ぬのをやめた時、私は自分自身に言ったのよ。それだけのことなの?って」というものらしい。

オーランドとケイティは今年1月から交際を始め、4月にはオーランドの深酒が原因で大喧嘩するシーンも目撃されていたが、5月に入るとMETガラのアフターパーティで仲睦まじげにしている姿を撮影されていた。

31歳のケイティは先週末にも「何歳になるまで『私はあなたと一緒に年を取って行きたいの』と言っても許されるのかしら? 50歳? 65歳? 31歳?」と思わせぶりなツイートをしていた。【UK在住/MIKAKO】

最終更新:5月15日(日)19時16分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。