ここから本文です

“声優レスラー”清水愛が乱入し全面対抗戦に参戦!

バトル・ニュース 5月15日(日)0時47分配信

 14日、東京・王子Basement MON☆STARにて行われたガンバレ☆プロレス『Automatic2016』のメインイベントにWRESTLE-1王者のKAIが出場。藤田ミノル率いるトモダチ軍と闘い勝利すると、6月16日の蕨大会でガンバレ☆プロレス対ハキダメ★プロレスの全面対抗戦が行われることが決定した。

 ハキプロメンバーは藤田ミノル、円華、Hi69、安倍行洋、バンビの5人となり、ガンプロメンバーは大家健、今成夢人、翔太、冨永真一郎が決定し、最後の一人にKAIが名乗りを上げて大家がKAIと握手をするも、そこに「ちょっと待ってくださいよ。なんでさくさく話が進んでいるんですか」と声が響き、ジーンズにシャツ・腕にバンテージを巻いてハチマキをしたガンプロルックの清水愛が乱入。
 清水愛は「前回私の事もガンプロの一員だって言ってくださったじゃないですか!?なんで、なんで私の事置いて話がさくさく進んでいるんですか?ちょっと待ってくださいよ!私だって一緒に闘わせてくださいよ!」と大家に詰め寄る。大家は「KAIすまん」と清水の参戦を決定した。

 全面対抗戦はイリミネーションマッチで行われ、お互いのテーマ曲を賭けて闘い負けたほうがテーマ曲を封印。さらに最後の一人まで頑張った選手が負けると、その選手は追放となり二度とガンプロに参戦することができなくなるルールを藤田ミノルが提案。これに大家が応じ、ガンプロ対ハキプロの闘いはドロドロとした感情がともなう試合形式となった。

最終更新:5月15日(日)0時47分

バトル・ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]