ここから本文です

福士蒼汰・土屋太鳳出演ドラマ主題歌「僕たちの未来」を歌う家入レオ、フリーイベントが大盛況

E-TALENTBANK 5月15日(日)19時0分配信

前向きな希望あふれる歌詞と壮大なコーラスワークが織りなす極上のポップチューンとなる、自身12枚目のシングル「僕たちの未来」(日本テレビ系土曜ドラマ「お迎えデス。」主題歌)を5月11日(水)にリリースしたばかりの家入レオが、このシングルの発売を記念して”「僕たちの未来」発売記念フリーイベント”を東京・ゲートシティ大崎にて開催し、集まった約1,800人を魅了した。

家入は11thシングル「Hello To The World」時には札幌・福岡にて、10thシングル「君がくれた夏」では名古屋・大阪にて発売記念フリーイベントを実施。東京で発売記念フリーイベントを開催したのは2015年2月15日に六本木ヒルズアリーナにて行われた9thシングル「miss you」以来となったこともあり、会場には本番前からたくさんのファンが集まり、観覧スペースのみならず、通路まで360度の人だかりが。そんな中、スタート時間の15時を回ると、ステージに家入が登場。

「今日は来てくれたみなさんと楽しく音で会話できたらなと思います。それでは早速1曲目、届けたいと思います。今日も朝起きてランニングしてきたんですけども、もう夏だなぁと思って!この曲をみなさんにお届けしたいと思います。」と、昨年8月にリリースした10枚目のシングルでドラマ主題歌として大ヒットした「君がくれた夏」、続けてこちらもまたドラマ主題歌として話題となった「silly」を披露。その強くも優しいボーカルが高らかに響きわたったミディアムナンバー2曲に会場のオーディエンスは静かにその歌声に耳を傾けた。

そして、「そろそろあの曲歌っちゃっていいですか?」と問いかけると、会場にところ狭しと集まったオーディエンスからは大きな歓声が。「『僕たちの未来』はわたしから君に、あなたに、一人一人に思いを伝えたいと思って作りました。こうやって、いつも会いに来てくれるみんながいて、あったかい気持ちを知ることができて、いつも”僕”って歌っていた自分から自然に”僕たち”って言葉が出てきて。自分が見たい景色を見るために頑張るんじゃなくて、この会場にいるみんなと、ファンのみなさんと一緒にいつか夢の場所までたどり着けたらいいなと思ってこの曲を作りました。みなさんと一緒に一歩ずつ、未来を作っていたらいいなと思います。」とコメントし、最新曲「僕たちの未来」を披露。会場は大きな手拍子と歓声に包まれ、この日のフリーイベント・ステージは大盛況のうちに終了した。
 
また、そんなミニライブ終了後には「僕たちの未来」購入者を対象に、特典お渡し会を実施。久々となった、東京でのフリーイベントに集まったファンとの交流を楽しんだ。

最終更新:5月15日(日)19時0分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。