ここから本文です

日ハム大谷、2勝目へ向け西武戦先発 打撃で4戦連発中も「心境の変化ない」

Full-Count 5月15日(日)9時14分配信

8日に西武戦は自己ワースト10安打で4失点「問題自体は僕にある」

 日本ハムの大谷翔平投手が今季2勝目をかけ、15日の西武戦(札幌ドーム)で先発する。

日本ハム、過去10年のドラフト指名選手一覧

 8日の西武戦(西武プリンスドーム)では6回で自己ワースト10安打を浴びて4失点。勝負所で決め球が甘く入り、3敗目を喫した。

 打撃では4試合連発中と好調をキープする中、投手成績は伸び悩んでいる。6日からの西武3連戦(西武プリンスドーム)中に体調を崩し、風邪をこじらせている二刀流。次戦に向けた意気込みを語った。

――西武戦登板に向けて。

「爆発力、長打力はある打線だと思います。最近対戦したばかりなので、やることは変わらないと思います」

――前回の西武戦では自己ワースト10安打を浴びて4失点した。

「意識して変えることがあったらいいですが。もちろん、打者が打っている以上、うまさはあると思いますが、問題自体は僕にあると思っています」
 
――体調不良に悩まされてきた。

「だいぶ良くなってきました。生活面で変えたことはないです。今は薬も飲んでないです。風邪になる、ならないに関わらず、ケアはやっています」
 
――日頃から「打撃と投球は関係ない」と言うが、打撃で4試合連発中。いい流れでいけるのでは。

「特にそれはないですね。打っても打たなくても、いい投球が出来ても出来なくても、特に心境の変化はないです」

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月15日(日)9時14分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]