ここから本文です

バイエルンのようにはいかないぞ ペジェグリーニからグアルディオラへ警告「ますます競争が激しくなる」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月15日(日)10時10分配信

リーグ戦独走は不可能か

来季からマンチェスター・シティで指揮を執るジョゼップ・グアルディオラは、世界最高の指揮官の1人と言われる名将だ。今季もバイエルンでクラブ史上初となるリーグ4連覇を達成し、マンCでも同様の働きを見せることが期待されている。

しかし、今季限りでマンCを去るマヌエル・ペジェグリーニは、プレミアリーグがそれほど甘い世界ではないと警告を発している。英『Daily Mirror』によると、ペジェグリーニはプレミアリーグが今後ますます激しいリーグになると主張し、プレミアリーグで指揮を執ることの難しさについてコメントした。

「初めてのプレミアリーグは新しいチャレンジだ。だが、指揮官として欧州で数年間仕事をしていればこのチャレンジをクリアする準備ができている。チャンピオンズリーグでプレミアリーグのクラブと対戦しているし、毎週プレミアリーグの試合を見ているからね。グアルディオラもそうだと思う。だが、毎週ここで指揮を執るのは全く別物だ」

「プレミアリーグはますます競争の激しいリーグになるだろう。多くのクラブが優秀な選手を獲得するために多額の資金を使うし、全てのクラブに優秀な選手が揃っているんだ。ビッグクラブとはわずかな違いだ」

今季のバイエルンはドルトムントと優勝争いをする形となったが、プレミアリーグの場合はもっと多くのクラブが優勝争いに絡んでくる。来季も7~8クラブによる争いとなるはずで、グアルディオラとて簡単にはいかないだろう。果たしてグアルディオラは初めてのプレミアリーグでどんなフットボールを展開し、結果を残してくれるのか。世界中がグアルディオラの1年目に注目している。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月15日(日)10時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合