ここから本文です

欧州歌謡祭でウクライナ代表が優勝、大戦の苦難を歌い

AFPBB News 5月15日(日)12時1分配信

(c)AFPBB News

【5月15日 AFP】スウェーデンの首都ストックホルム(Stockholm)で14日、欧州国別対抗歌謡祭「ユーロビジョン・ソング・コンテスト(Eurovision Song Contest)」第61回大会の決勝が行われ、ウクライナ代表の歌手ジャマラ(Jamala)さんが最大のライバルであるロシアを破って優勝した。

 開票は張り詰めた空気の中で行われた。観客の票が開票されるまではオーストラリア代表が逃げ切るとみられていたが、第2次世界大戦(World War II)中に行われたクリミア(Crimea)半島の先住民族タタール(Tatar)人の国外追放に関する曲「1944」を心を込めて歌ったジャマラさんが優勝した。

 ジャマラさん自身も、クリミア出身のタタール人。近年のロシアによるクリミア併合を遠回しに批判しているして物議を醸したが、534ポイントを獲得した。審査員の間で人気の高かったオーストラリア代表ダミ・イム(Dami Im)さんが511ポイントで僅差の2位、ロシアの元子役スター、セルゲイ・ラザレフ(Sergey Lazarev)さんが491ポイントで3位となった。

 ロシア国営ロシア1(Rossiya 1)テレビのコメンテーターは、ジャマラさんの優勝をたたえたが、クリミアのタタール人問題については言及せず、ジャマラさんの歌を「家族について」の歌だと述べるにとどめた。

 同歌謡祭が1956年に始まって以来、最も多くの視聴者を集めたとみられる今回の大会は、土壇場の見事な逆転劇で幕を閉じた。 映像は15日に行われた記者会見。(c)AFPBB News

最終更新:5月19日(木)13時23分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。