ここから本文です

決勝は2週連続でジョコビッチ対マレーに [ローマ/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 5月15日(日)12時7分配信

 イタリア・ローマで開催されている「BNL イタリア国際」(ATP1000/5月8~15日/賞金総額374万8925ユーロ/クレーコート)。

錦織はジョコビッチとの今季4度目の対戦に敗れて決勝進出ならず [BNL イタリア国際]

 土曜日に行われた準決勝で、第2シードのアンディ・マレー(イギリス)がラッキールーザーから勝ち上がったルカ・プイユ(フランス)を6-2 6-1で下し、2週連続となるクレーコートの大会での決勝進出を果たした。日曜日はマレーの29度目の誕生日で、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。ジョコビッチは第6シードの錦織圭(日清食品)を2-6 6-4 7-6(5)で下しての勝ち上がりだ。

 ジョコビッチは先にリードされ、さらに勝つまでに4度のマッチポイントを必要とした。

 前週のマドリッドの決勝では、ジョコビッチがフルセットでマレーを下して優勝している。

「自分の誕生日で勝った記憶は、どんな試合でもないんだよ。これはいい兆候ではないよね」とマレーは話している。

 ジョコビッチは最初のゲームで、シューズの土を払おうとして、ラケットで誤って左足首部分を打ってしまい負傷した。

 ベンチに戻ったジョコビッチはトレーナーに治療を受けたが、第2セットまで本来のフットワークが戻らなかったようだった。だが、錦織も最後までファイトし続けた。試合時間は3時間以上だった。

 マレーとプイユの準決勝は降雨のため、1時間近く試合開始が遅れた。また、第1セットでも10分ほどの中断が挟まった。しかし、試合時間そのものは1時間かからなかった。

 マレーは今大会でまだセットを落としていない。来週のランキングではロジャー・フェデラー(スイス)を抜き返して2位に戻ることが決まっている。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: ROME, ITALY - MAY 14: Novak Djokovic of Serbia celebrates his win against Kei Nishikori of Japan during day seven of The Internazionali BNL d'Italia 2016 on May 14, 2016 in Rome, Italy. (Photo by Matthew Lewis/Getty Images)

最終更新:5月15日(日)12時7分

THE TENNIS DAILY