ここから本文です

得点王&リーガ制覇のスアレス バルセロナでは史上5人目の快挙

theWORLD(ザ・ワールド) 5月15日(日)10時10分配信

2度目のヨーロッパ・ゴールデンシューへ

14日、バルセロナはリーガ・エスパニョーラ第38節でグラナダに3-0で勝利し、2シーズン連続で24度目となる優勝を決めた。この試合でハットトリックと達成したウルグアイ代表FWルイス・スアレスは、今季40得点を記録し得点王となり、リーガ制覇を成し遂げた。

過去、バルセロナでリーガ制覇と得点王を獲得したのは4人しかおらず、スアレスは5人目の快挙となる。スペイン『MUNDO DEPORTIVO』が伝えている。1948-49シーズンにセサル・ロドリゲス・アルバレス氏がこの記録を初めて達成すると、その後は1993-94シーズンにロマーリオ、2005-06シーズンにサミュエル・エトー、2009-10シーズンと2011-12シーズンにリオネル・メッシが成し遂げていた。

スアレスがリーグ戦で得点王になるのは3度目。アヤックス在籍時の2009-10シーズンにエールディヴィジ得点王(35ゴール)、リヴァプール在籍時の2013-14シーズンにプレミアリーグ得点王(31ゴール)となったが、どちらのシーズンも優勝は経験できなかった。

リーガ制覇と得点王を獲得したスアレスは、ヨーロッパの各国リーグで最も得点をあげたプレイヤーに送られるヨーロッパ・ゴールデンシューもほぼ確実に獲得すると見られている。スアレスは同賞を2013-14シーズンにクリスティアーノ・ロナウドとともに受賞しており、今シーズンも獲得すれば2度目となる。スアレスを脅かすのはナポリのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインしかいないが、ヨーロッパ・ゴールデンシューもスアレスの手元にやってくるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月15日(日)10時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]