ここから本文です

リヴァプール、ついに長年の不安解消へ ドイツからGKを確保か

theWORLD(ザ・ワールド) 5月15日(日)12時0分配信

安定感を求め

リヴァプールがマインツのGKロリス・カリウス獲得で合意に近づいているようだ。

独『Bild』によれば、まだ契約は完了していないものの、カリウスのバイアウト価格である1000万ユーロをリヴァプールが支払えば、交渉は完了すると伝えられている。かねてより、チームを率いるユルゲン・クロップ監督はキーパーを補強ポイントにしており、ブンデスリーガで活躍する若手GKを物色していた。

カリウスは22歳の若手GKで、今ブンデスリーガでも評価を上げ続けている選手だ。現在リヴァプールでゴールマウスを守るミニョレはシュートストップに関しては天賦の才を持つものの、安定性に欠け長年リヴァプールの弱点と言われてきた。リヴァプールファンとしても安定感のあるキーパー獲得は念願ともいえるはずだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月15日(日)12時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合