ここから本文です

ドルトムント、現在の守護神には不満で新GK探し 大迫同僚に注目か

theWORLD(ザ・ワールド) 5月15日(日)12時44分配信

U-21ドイツ代表

ドルトムントがケルンのGKティモ・ホルンに注目しているようだ。

キャプテンのフンメルスは退団が決定し、他にも移籍の噂がある選手を多く抱えるドルトムント。一方で来季に向けて着々と動き出しており、先日はフランスの天才オスマン・デンベレの獲得を発表している。さらにドルトムントは新たなキーパーの獲得も考えていると独『EXPRESS』は伝えた。

同紙によれば、ドルトムントの首脳陣は現在の守護神ロマン・ビュルキのパフォーマンスには満足しておらず、さらなる実力者を必要としているという。その中でU-23ドイツ代表でもあるホルンが候補に挙がったようだ。ビュルキが25歳なのに対し、ホルンは22歳でその若さも魅力的だと考えたと同紙は報じている。

ホルンにはリヴァプールも注目していたが、リヴァプールはマインツのロリス・カリウス獲得が濃厚となったため、獲得レース最大のライバルはいなくなっている。来季ドルトムントは新たな守護神を迎え、王者バイエルンに挑むのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月15日(日)12時44分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合