ここから本文です

単は小堀桃子、複は品田/川床が優勝 [関東オープンテニス/女子]

THE TENNIS DAILY 5月15日(日)17時0分配信

 東京・有明テニスの森公園テニスコートで開催された「2016年度 第90回 関東オープンテニス選手権大会」(本戦5月9~15日/賞金総額:男子150万円、女子100万円/ハードコート)が終了。ジュニア選手同士の対戦となった女子シングルス決勝は、第15シードの小堀桃子(U.T.PあたごTC)が第7シードの千村もも花(TTC)を7-5 6-1で下して優勝を飾った。

シングルスは鈴木昂、ダブルスは濱中重宏/金城光が優勝 [第90回関東オープン/男子]

 女子ダブルス決勝は、第1シードの品田祐希/川床芙実(ともにリコー)が大嶺真緒/寺見かりん(ともに山梨学院大学)を6-3 6-2で倒してタイトルを獲得した。上位の試合結果は以下の通り。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

     ◇   ◇   ◇

【女子シングルス決勝】
○24小堀桃子(U.T.PあたごTC)[15] 7-5 6-1 ●31千村もも花(TTC)[7]

【女子シングルス準決勝】
○24小堀桃子(U.T.PあたごTC)[15] 6-1 6-0 ●1西本恵(島津製作所)[1]

○31千村もも花(TTC)[7] 6-1 2-6 6-3 ●64山口芽生(Fテニス)[2]

【女子シングルス準々決勝】
○1西本恵(島津製作所)[1] 6-4 6-2 ●13力石優衣(フミヤエース市川テニスアカデミー)

○24小堀桃子(U.T.PあたごTC)[15] 6-1 6-1 ●25守屋友里加(テニスユニバース)[11]

○31千村もも花(TTC)[7] 6-4 3-6 6-2 ●48伊藤絵美子(テニスユニバース)[3]

○64山口芽生(Fテニス)[2] 6-3 6-1 ●56森崎可南子(筑波大学)[12]

--------------------

【女子ダブルス決勝】
○1品田祐希/川床芙実(リコー)[1] 6-3 6-2 ●19大嶺真緒/寺見かりん(山梨学院大学)

【女子ダブルス準決勝】
○1品田祐希/川床芙実(リコー)[1] 7-6(5) 6-1 ●9守屋友里加/森本凪咲(テニスユニバース/PLUS LIST)[3]

○19大嶺真緒/寺見かりん(山梨学院大学)1-6 6-4 [10-8] ●25森崎可南子/米原実令(筑波大学)[5]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:5月15日(日)17時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]