ここから本文です

ファン・ハールにもう1シーズン任せるべきか、解任すべきか サポーターの考えは……

theWORLD(ザ・ワールド) 5月15日(日)17時21分配信

モウリーニョ招聘論に待ったがかかったマンU

先日、マンチェスター・ユナイテッドがジョゼ・モウリーニョ招聘を見送ったと報じられた。モウリーニョはこれまで何ヶ月にもわたってマンUの指揮官になると言われてきたが、ここにきてルイ・ファン・ハール体制の継続が現実味を帯びてきている。

ファン・ハール率いるマンUは今季もリーグ戦の優勝争いには絡めず、チャンピオンズリーグでも決勝トーナメントに上がれないなど散々なシーズンを過ごした。それでもファン・ハール本人は自身の仕事に満足しているようで、来季もマンUを指揮する考えを持っていることを明かしている。では、サポーターはファン・ハール体制継続をどう考えているのだろうか。

英『METRO』はファン・ハールにもう1シーズン任せるべきなのかをアンケート調査した。その結果、実に79%の人がもう1シーズン任せるのは長すぎるとファン・ハール体制継続に反対している。このままの状態を来季も継続すればサポーターの反発は避けられない。

しかし、賛成と答えた人が21%いることも見逃せない。ファン・ハールの残した成績は満足できるものではないが、若手選手を積極的に起用するなど未来への種はまいている。来季もファン・ハールに任せれば、今の路線を継続することができ、若くて勝てるチームが出来上がるかもしれない。21%は決して高い数字ではないが、今のやり方に満足しているサポーターがいるのも事実だ。

ファン・ハール体制継続には賛否両論あるだろうが、もう1シーズン任せてみるべきなのか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月15日(日)17時21分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。