ここから本文です

岡村恭香はリキーナに敗れて準優勝 [福岡/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 5月15日(日)20時33分配信

「福岡国際女子テニス」(福岡県・博多の森テニス競技場/本戦5月10日~15日/賞金総額5万ドル/砂入り人工芝コート)は最終日を迎え、単複の決勝が行われた。

決勝は岡村恭香とリキーナの対戦に [福岡国際女子]

 シングルスはシード勢8人がすべて初戦で姿を消し、決勝に勝ち残ったのはセニア・リキーナ(ロシア)と岡村恭香(ストライプインターナショナル)の2人。25歳のリキーナが20歳の岡村を6-2 6-7(2) 6-0で破り、シングルスでは2013年以来となるタイトルを獲得した。試合時間は2時間14分。

 リキーナは2010年4月に世界ランク自己最高の171位をマーク。シングルスでは2013年2月のミルデューラ(ITF2.5万ドル/グラスコート)以来となる通算4勝目で、日本の大会では2009年5月の久留米(ITF5万ドル/砂入り人工芝コート)に続いて2度目の優勝を果たした。

 ダブルスではITFサーキットで2勝を挙げている岡村。シングルスでは昨年9月の能登(ITF2.5万ドル/砂入り人工芝コート)以来となる6度目の決勝進出だったが、初優勝はならなかった。

 海外勢同士の対戦となったダブルス決勝は、インディ・デ ブルーム(オランダ)/アレクサンドリーナ・ナイデノバ(ブルガリア)がニギナ・アブドレイモワ(ウズベキスタン)/リキーナを6-4 6-1で下して大会を制し、リキーナの単複2冠を阻止した。

     ◇   ◇   ◇

【シングルス決勝】

○6セニア・リキーナ(ロシア)6-2 6-7(2) 6-0 ●26岡村恭香(ストライプインターナショナル)

--------------------

【ダブルス決勝】

○3インディ・デ ブルーム/アレクサンドリーナ・ナイデノバ(オランダ/ブルガリア)6-4 6-1 ●11ニギナ・アブドレイモワ/セニア・リキーナ(ウズベキスタン/ロシア)

※名前の左に付いている数字はドロー番号

--------------------

表彰式での選手スピーチ・抜粋(情報提供◎福岡国際女子テニス事務局)

セニア・リキーナ(シングルス優勝)
「皆さんの応援のおかげで自分の力を出し切ることができました。岡村選手と決勝を戦えたことをうれしく思います。チームでここまで選手生活を続けてこれたこと、家族やスポンサーのサポートに感謝しています」

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:5月15日(日)20時33分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]