ここから本文です

今マンCがオファーを出せばグアルディオラは断っていた? スコールズ氏「彼は断ったんじゃないかな」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月15日(日)18時50分配信

UCL出場権確保に苦しむ

ジョゼップ・グアルディオラが来季からマンチェスター・シティで指揮を執ることを発表したとき、マンCはまだ3つのタイトル獲得の可能性を残していた。しかし、グアルディオラ就任の発表からチームの歯車は狂ってしまい、今ではチャンピオンズリーグ出場権の確保に必死になっている状況だ。マンCはグアルディオラにチャンピオンズリーグで勝てるクラブを作ってもらおうとの考えを持っていたはずだが、大会に出られないことにはその願望は叶わない。

グアルディオラも来季から指揮を執るクラブがチャンピオンズリーグに出られないことなど想像もしていなかったはずだ。英『Daily Mirror』によると、元マンチェスター・ユナイテッドのポール・スコールズ氏もグアルディオラの心境を察しており、今マンCがグアルディオラにオファーを出せば断られていたのではないかと持論を展開している。

「結局、グアルディオラの就任発表はマンCを助けることにはならなかった。ペジェグリーニの価値を下げてしまったし、選手たちも荷物をまとめたんだ。グアルディオラが就任するクラブがチャンピオンズリーグに出られないなんて奇妙だ。もしマンCが最近になってグアルディオラにオファーを出していたとしたら、彼はそれを断っていたんじゃないかと思うよ」

近年のチャンピオンズリーグはグアルディオラを中心に回っていたと言っても過言ではないが、そんな主役が来季はヨーロッパリーグで戦うなど実に奇妙な話だ。マンCは気持ちよく新指揮官を迎えるために確実にチャンピオンズリーグ出場権を獲得する必要があり、最終節の結果がクラブの将来を左右することになるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月15日(日)18時50分

theWORLD(ザ・ワールド)