ここから本文です

【MLB】岩隈久志、逆転許し7回途中降板 地元紙は「ブルペン投入を待ち過ぎた」

Full-Count 5月15日(日)15時30分配信

5回まで無失点も6、7回に崩れ「車輪が徐々に外れていく」

 2夜連続で守護神シシェックが救援に失敗したマリナーズ。14日(日本時間15日)、本拠地でのエンゼルス戦に先発した岩隈久志投手は、味方打線から2点の援護をもらい、6回まではなんとかリードを保ったが、7回に逆転を許して降板した。8回に打線が再逆転したため、岩隈に勝敗はつかなかったが、地元紙「タコマ・ニューストリビューン」電子版では「サービス監督がブルペン投入を待ちすぎた」と書いている。

衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 岩隈は失点が始まった6回の前、5回にも自ら与えた四球をきっかけに2死一、三塁のピンチを迎えていたが、この時は無失点で乗り切った。6回2死一塁からナバの右翼線への適時打で1失点、7回には先頭ジアボテラに同点弾を許し、1死三塁からエスコバルに左翼適時打を許して勝ち越された。記事ではこの様子を「車輪が徐々に外れていく」という表現をしている。

 1点を勝ち越された7回1死一塁の場面で岩隈は降板。「スコット・サービス監督はブルペン投入を待ち過ぎたようで、すぐさま状況はさらに悪くなった。非常に悪く」と、2番手ペラルタと合わせて、7回に5失点した状況を説明してる。

 2夜連続で救援に失敗したシシェックは「敗戦をしっかり反省したい。タフな結果だった。明日はまっさらな新しい1日。次に投げる時は、3アウトを取るためにどんなことでもする」と敗戦の責任を一身に背負ったという。 

 15日はエース右腕ヘルナンデスが先発。同地区ライバルのエンゼルスを相手にスイープだけは避けたいところだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月15日(日)15時30分

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]