ここから本文です

中日-広島戦で本塁生還の判定覆る セーフ判定からリプレー検証でアウトに

Full-Count 5月15日(日)17時28分配信

本塁クロスプレーで広島安部がいったんはセーフ判定も…

 15日にナゴヤドームで行われた中日-広島戦で、本塁クロスプレーをリプレー検証した結果、セーフがアウトに覆る場面があった。

 3-3の同点で迎えた9回。広島は中日の中継ぎ右腕・田島から1死一、二塁のチャンスを作った。ここで田中がライト前にヒット。前進守備を敷いていた中日平田がバックホームした。

 ボールは一塁側に少し逸れ、二塁走者の安部と、捕手・桂のタッチは際どいタイミングに。セーフと判定されたものの、谷繁監督はすぐに飛び出し、ビデオ判定となった。

 長時間のリプレー検証の結果、桂のタッチが早かったとして判定はアウトに変更。2死一、二塁から試合が再開され、続く菊池は空振り三振で3アウト。開幕から22試合連続無失点の田島は、この回も無失点で切り抜けた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月15日(日)17時37分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。