ここから本文です

最多4度目、阪神・巨人が上方漫才大賞

Lmaga.jp 5月15日(日)6時0分配信

5月14日、「梅田芸術劇場」(大阪市北区)で『第51回上方漫才大賞』の発表会が行われ、オール阪神・巨人が単独最多となる4度目の大賞を受賞した。

その年、上方漫才界でもっとも活躍した漫才師に贈られる『上方漫才大賞』。大賞候補だった海原やすよ・ともこ、中川家を抑えて栄冠に輝いたオール阪神・巨人は、終了後の会見で「(芸歴)40周年の活動を評価していただけてありがたい」とコメント。この日の朝、事前に決めていたネタから急遽変更し、普段は「98%ない」という劇場用のネタをテレビで披露したことを告白した。

「いろんな賞をいただきましたけれど、漫才のなかでは一番いい賞だなと思います。僕らは実は、劇場でやるネタはテレビではやらないんです。でも今日は、『上方漫才大賞』ということで、劇場でやるネタを使いました。ここでは失敗できないと思ったので」とオール巨人が語ると、オール阪神も「朝、急にメール来たんですよ。でも終わったときに『このネタやって正解だったね』と思いました」と振り返るとともに、『上方漫才大賞』の重みをかみしめた。

今回、単独最多の受賞記録となったが、過去、3度の受賞には横山やすし・きよし、中田カウス・ボタンがいる。

最終更新:5月15日(日)6時0分

Lmaga.jp