ここから本文です

Rソックス、サヨナラ勝ち! 上原が2勝目、田沢はイニング跨ぎで奮投

ベースボールキング 5月15日(日)9時51分配信

○ レッドソックス 6x - 5 アストロズ ●
<現地時間5月14日 フェンウェイ・パーク>

 レッドソックスが主砲・オルティスの一打でサヨナラ勝ち。11回を無失点に抑えた上原浩治が2勝目(1敗)。田沢純一も1回1/3を無失点に抑え、チームの劇的勝利に貢献した。

 レッドソックスは先発・バックホルツが2回までに5失点。それでも好調な打線が小刻みの得点を重ね。1点を追う土壇場9回、4番オルティスの適時三塁打で試合を振り出しに戻した。オルティスは5-5の延長11回にも、サヨナラとなる適時二塁打をマーク。この試合は一発を含む3安打3打点の大活躍で、試合後はチームメイトの手荒い祝福を受けた。

 田沢は4-5の8回、二死一、三塁のピンチでマウンドへ上がり、9番マリスニックから空振り三振を奪取。続く9回も無失点に抑え防御率を1.84とした。

 上原は5-5の11回に6番手として登板。二死からピンチを作ったものの決定打は許さず、1回無失点で防御率を2.93とした。

 レッドソックスは7回から救援登板したスミス、ライン、田沢、キンブレル、上原が無失点リレー。ブルペン陣の粘りが劇的勝利を呼び込んだ。

BASEBALL KING

最終更新:5月15日(日)10時28分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。