ここから本文です

なぜ大谷の日本最速162キロが通用しないのか。

THE PAGE 5月16日(月)12時0分配信

北海道日ハムの大谷翔平(21)が15日の西武戦で今季4敗目を喫した。7安打、5失点で7回にアウトを取れずに降板。自身が持つ日本最速タイ記録に並ぶ162キロを2度もマークしながらも打たれた。日本で一番速いスピードボールが、打たれるのは、なぜなのか。

 この試合では、5回無死一、二塁でメヒアを迎え、カウント1-1からの3球目のストレートが162キロを表示した。メヒアは、そのボールを見逃してカウントは1-2と変わり、続くボールも161キロを示したが、少し高く浮くと、メヒアに弾き返され打球はライトフェンスの一番上を直撃する同点タイムリーとなった。ここから大谷は、中村、浅村、鬼崎を三者連続三振に斬って踏ん張った。浅村の打席でも162キロを記録している。

 7回には、また今季の対戦成績が、打率・750と相性の悪い栗山を歩かせ、守備の乱れなども起きて走者を2人貯めると、この日、3三振だった“おかわり君”に抜けたフォークをバックスクリーンの左へと運ばれた。131球目。握力も落ちてきた時点での失投だった。

 この試合、160キロを超えたボールは7球。
 大谷自身は、「(メヒアは)投げる場所がベストでなかったと思います。真っ直ぐは、よくなっています。でも、ここ一番のピンチで、1球1球、納得の出来るボールをもっと増やしていかねば。それが出来ていません」と、自己分析をしていた。つまり日本最速タイをマークしながら、それが勝利につながらなかった原因を制球ミスと、ストレートの質だとしたのである。
 
 元千葉ロッテで、評論家の里崎智也氏は、160キロを越えるスピードボールが、決して“無敵のウイニングショット”とならない理由を、こう説明する。

「打者が打席でボールを速く感じるかどうか。そこが重要です。では、どういうボールが速く感じるのか。ひとつは、初速と終速の差が少ないボールです。野球ファンの皆さんは周知の通りスピードガン表示は初速ですから、大谷の162キロの終速が何キロかということですね。もうひとつは、バッターの調子とタイミング。好調でタイミングが合えば、どんなボールも速く感じません。逆にタイミングが合わなければ130キロの台のストレートも速く感じるわけです。遅いボールを速く見せるピッチャーは、この技術が優れています。
 バッターにタイミングを取らせないためにボールの出所ができるだけ見辛くするピッチャーもいます。巨人の杉内やソフトバンクの和田がその典型です。フォームそのものをタイミングの取りにくいものにする工夫をしているピッチャーもいます。だから、誰が一番速いピッチャーだったか?と聞くと、人それぞれ違ってきますよね。でも、大谷のフォームは素直でボールの出所が特別見辛いわけではありません」

 確かに、先日、元中日の“レジェンド”山本昌に、現役時代に打席で最も速く感じたピッチャーは?と聞くと、巨人のサイドハンド、斉藤雅樹(現巨人2軍監督)の名が挙がったし、里崎氏が、速く感じたのは、広島時代のサファテと、楽天、日ハム、横浜でプレーしたライアン・グリンの2人だったそうである。
 故・伊良部秀輝氏にも、打者に対して、フォームの中で、ギリギリまで腕を隠す“スモーキー(煙)”と呼ばれるピッチングスタイルを追求しているという話を聞いたことがある。江夏豊氏が、晩年も、ボールが速く見えたのは、打者から腕が隠れる“スモーキー”だったという。

1/2ページ

最終更新:5月16日(月)12時0分

THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。