ここから本文です

U-23のJ3参戦 見えてきた問題点と希望

THE PAGE 5月17日(火)7時0分配信

 創設3年目の今シーズンから参加チーム数を4増1減の16チームへ拡大し、大会方式を3回戦総当たりから2回戦総当たりへと変更したJ3が、5月22日の第10節で全日程の3分の1を消化する。
 新規参入はJFLから昇格した鹿児島ユナイテッドFCと、J1のガンバ大阪とFC東京、J2のセレッソ大阪のそれぞれU‐23チーム。代わりにJリーグ・U‐22選抜が、2年間に及んだ活動を終えた。

 今シーズンのJ3には、J1でナビスコカップを制覇した実績をもつ大分トリニータを含めて、J2で戦った経験のある栃木SC、カターレ富山、ガイナーレ鳥取が捲土重来を期して戦っている。
 2年連続で上位につけるAC長野パルセイロも悲願のJ2昇格を目指し、FC琉球もJ2ライセンス申請へ向けて財務状況を整えている。対照的に、U‐23チームの目的はJリーグでこう謳われている。
「23歳以下の若手の公式戦における出場機会を創出し、有望選手の強化・育成に寄与する」

 U‐23チームはJ2への昇格資格を有さないと規定された。上のカテゴリーを目指すチームと、若手の武者修行の舞台となるセカンドチーム。目的の異なるチームが同じリーグで混交することで、温度差は生じないのか。あるJ3クラブの幹部は「それはない」と明言した上でこう続ける。

「去年までのJリーグ・U‐22選抜よりは、はるかにチームとして戦っている。選抜チームは寄せ集め的だったし、初めて顔を合わせる選手同士がどうしても多くなったなかで、試合に臨むテンションというかモチベーションがちょっと低いのかな、と思える試合が非常に多かった。実際、大量失点で負けた試合も少なくなかったので」

 Jリーグ・U‐22選抜は、週末の試合のベンチから外れた22歳以下の選手から16人をピックアップ。金曜日の夜に集合し、土曜日の練習を経て日曜日のリーグ戦に臨んだ。
 すべてを敵地で戦わせることで、タフさを身につけさせる狙いもあった。しかし、時間の経過とともに、選手たちの間からは「連携を築く時間がない」といった言い訳が出るようになった。
 実際、チームは2シーズン連続でJ3のワースト失点をマーク。4失点以上が69試合中で16度を数え、昨シーズンの第2節ではレノファ山口に8点を奪われている。

 翻ってU‐23チームはどうなのか。最新の順位でG大阪が8位、C大阪が12位、FC東京が15位につけているが、いわゆるサンドバッグと化している試合は少ない。
 G大阪は首位のブラウブリッツ秋田、2位の琉球にともに0対1で惜敗。高校3年生にしてプロ契約を結び、プレミアリーグのチェルシーが注目していると報じられた逸材、17歳のMF堂安律は4ゴールをあげて得点ランク2位タイにつけている。

C大阪は琉球を2対1で下し、3位の長野ともスコアレスドローと踏ん張った。FC東京も鳥取を1対0で破り、喫した6敗のうち4つが1点差の惜敗となっている。前出のクラブ幹部が言う。

「チームとして毎日しっかり練習している。加えて、U‐23チームでの活躍が認められ、トップチームでプレーしたいと望んでいるから、試合へ臨むモチベーションも非常に高い。だからこそ、どのチームもU‐23チーム相手にそれほど簡単に勝てないのだと思う」
   

1/2ページ

最終更新:5月17日(火)7時0分

THE PAGE

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]