ここから本文です

よみがえれドングリ 那覇市で親子ら植樹

沖縄タイムス 5月16日(月)11時0分配信

 【那覇】かつて本島中南部で多く見られたドングリの木「アマミアラカシ」をよみがえらせようと、市の末吉公園で5日、苗木を植え付けるイベントがあった。家族連れ10人が参加し、苗木3本を植樹した。
 額に汗を流しながらシャベルで地面を掘った壺屋小3年の上原長能君(8)は「ドングリはあまり見かけないけど、昔はこの辺にもあったと聞いて驚いた。たくさん実がなってほしい」と期待した。
 主催した沖縄自然環境ファンクラブの藤井晴彦代表は「植え付けを通じて、子供たちが森の現状を学ぶきっかけになってくれたらうれしい」と話した。同団体は公園内に10本の苗木を植え付ける予定。

最終更新:5月16日(月)11時0分

沖縄タイムス