ここから本文です

「メルセデスAMG GT」の装備を充実させてをマイナーチェンジ

エコノミックニュース 5月16日(月)8時42分配信

 メルセデス・ベンツ日本が、「メルセデスAMG GT」および「メルセデスAMG GTS」をマイナーチェンジし、全国のメルセデス・ベンツ正規ディーラーネットワークを通じ発売する。

 メルセデスAMG GTは、「SLS AMG」に続く、メルセデスAMG社による完全自社開発スポーツカーの第2弾。“Handcrafted by Racers.“をスローガンに掲げ、何よりもスポーツカーを愛するドライバーに向けて開発したモデルだ。モータースポーツを心から愛する者たちが創り上げたAMGのレーシングスピリットとその技術をあますことなく備えた本格派の“スパルタンなスポーツカー”といえる。

 新型「メルセデスAMG GT」の大きな変更点は、ベーシックパッケージの標準装備化にある。これまでパッケージオプションだった、シートヒーター付ナッパレザーシート、キーレスゴー、ハンズフリーアクセス、メモリー付パワーシート(運転席・助手席)、電動チルト&テレスコピックステアリング、イージーエントリー・ステアリング、リバースポジション機能付ドアミラー、プライバシーガラスなどが標準装備となった。

 また、エクスクルーシブパッケージも標準装備化となる。内容は、AMGパフォーマンスシート、Brumesterサラウンドサウンドシステム、盗難防止警報システム(牽引防止機能、室内センサー)、AMGダイナミックパッケージプラスの一部装備を標準化、ダイナミックエンジントランスミッションマウント、AMGパフォーマンスステアリング、イエローメーターゲージなどとなる。

 「メルセデスAMG GT」が搭載するパワーユニットは、2つのターボチャージャーをVバンク内側に配置する革新的な「ホットインサイドV」レイアウトを採用した4リッターV型8気筒ツインターボエンジンで、340kW(462ps)/6000rpm、600Nm(61.2kg・m)/1600~5000rpmのアウトプット。GTSの同型エンジンはさらに強力なチューンを受け375kW(510ps)/6250rpm、650Nm(66.3k g・m)/1750~4750rpmを発生する。

 組み合わせるトランスミッションは、エンジンパワーをダイレクトに伝え続けるデュアルクラッチ式を採用。素早いシフトタイムによって、ドライバーのアクセルワークに瞬時に反応。シームレスな加速をもたらす。4つのシフトモードが設定され、C(Comfort)は、燃費と快適性を優先するモード。S(Sport)とS+(Sport Plus)は、よりスポーティなドライビングが愉しめるモード。 I(Individual)は、パラメーターを個別に設定できるモード。Mボタンを押せばマニュアル操作も可能となる。またGT S専用の「RACE」では、サーキット走行のためにすべてのパラメーターが変更される。

 合わせてブレーキシステムも強化されている。GTは、前後に360mmドリルドベンチレーテッドコンポジットディスクを装着。ハイパフォーマンスに対応する強大な制動力と耐フェード性、ペダル操作に対する優れた応答性を発揮。GTSは、フロントにより大型の390mmディスクと、前後レッドブレーキ・キャリパーを装備しました。さらにオプションでAMGカーボンセラミックブレーキを設定。サーキット走行時などでも強力な制動性能と正確なコントロール性能、優れた耐フェード性能を持たせた。

 新型「メルセデスAMG GT」の価格は1650万円、「メルセデスAMG GTS」は1930万円となった。(編集担当:吉田恒)

Economic News

最終更新:5月16日(月)8時42分

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]