ここから本文です

「角川映画祭」の前売り特典とポスターに注目!

Movie Walker 5月16日(月)21時0分配信

書籍との連動や、テレビでの宣伝をはじめとするメディアミックス展開を行ない、一大旋風を巻き起こした角川映画。1976年の誕生から40年を迎えた今年、「角川映画祭」が7月30日(土)から9月2日(金)まで開催される。

【写真を見る】記念すべき角川映画第1弾『犬神家の一族』の復刻版チラシ

本映画祭は、2014年夏に開催された「雷蔵祭 初恋」、2015年夏の「若尾文子映画祭 青春」、同年冬の「市川崑映画祭 光と影の仕草」に続き、豊富なライブラリー作品を次世代に継承すべく、KADOKAWAが立ち上げたブランド「角川シネマコレクション」の劇場上映企画第4弾。

1976年の第1弾作品となった巨匠・市川崑監督作『犬神家の一族』から、1988年の宮沢りえの映画デビュー作となった『ぼくらの七日間戦争』(88)まで、名作48作品が一挙に上映される。

なお、5回券前売りチケット購入者すると、復刻版のチラシセット・5枚(『犬神家の一族』『セーラー服と機関銃』『時をかける少女』『人間の証明』『蘇える金狼』)が特典としてもらえる。まだ観ていない人はもちろん、これまでに観たことのある人は、数々の名作とスクリーンで再会してみては?【Movie Walker】

最終更新:5月16日(月)21時0分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。